今年の引越し動向について

みなさま、こんにちは。

今日はルームセレクトで賃貸物件をご紹介しております、
名古屋市内の引越し動向について少しお話ししていきたいと思います。

現在、ルームセレクトの取り扱いエリアは名古屋市名東区、守山区、千種区、
東区、昭和区、瑞穂区、天白区、緑区など…名古屋市東部を中心に幅広くご紹介しております。

愛知県の人口は29年5月1日時点(愛知県公式HP参照)で約750万人、男女比率はほぼ半々。
前年同月に比べると総増減19,905人と愛知県は人口増加傾向にあります。
愛知県の中でも名古屋市は主に社会増減での増加傾向にあり、自然増減では減少傾向にあります。
最近は名古屋駅周辺の開発もどんどん進み、活発な街へと進化しております。

私たちルームセレクトの商圏は需要がある恵まれたエリアではございますが、
時代の流れをものすごく感じています。

従来、不動産会社は物件を調達(紹介)し、店頭に来たお客様へ物件を紹介、
そして契約と一般的には今と変わりません。

しかし、インターネットの普及に伴いネット上で物件が探せるようになりました。
昔のようにとりあえず不動産会社へ行き探してもらおうといった 考えがなくなり、
まずは自分で探し気になる物件を問い合わせする。
その後、予約を取り不動産会社へ初めて行くことになります。

紙媒体からネット媒体への時代の変化です。

また時代の流れとともに引越しシーズンのピークまで変化しつつあります。
不動産会社も時代の流れに合わせネットを駆使し、今までとは比べ物にならないほどの
物件情報(周辺環境や細かい写真など)を発信しております。
今年は全国的に繁忙期が1か月程度早かったようです。

下記がピークが早まった主な要因と思われます。

1.情報量が多くなり、ある程度物件を選定し不動産会社へは一店舗に出向き契約ができる。
2.需要のあるエリアはネット上の情報がいち早いことを認識した。
(物件を隠し持つことは無くなった。ネット上での集客が主である以上、隠し持っていても意味がない)

また転勤などで法人契約を行う場合は、引越しピークよりも早く転勤をさせる
又はタイミングを遅らせることで、 引越し代など経費削減を図っている企業もあるみたいです。

実際にルームセレクトでは、以前のように3月ピークではなく、
12月頃からまんべんなく分散した感じです。
お部屋探しはこの時期が良いとかではなく、物件との巡り合わせ、タイミングだと思います。
その時に出会った、いい物件が巡り合わせなのかもしれません。

以上、お引越しをする際の参考になれば幸いです。

ルームセレクトは時代の流れに負けず、日々進化成長できるように努めてまいります。

『人々から必要とされる存在であり、スタッフが誇りを持って働ける会社になる。』