賃貸マンション・アパートの契約時に必要なものって?

 

賃貸マンション・アパートの契約に必要なものは??
知ってるようで知らない物件契約に必要な書類などをご紹介します。

申込み時と契約時は必要書類が違う?

▼申込時▼
◎身分証明(免許証、住基カード、パスポートなど…顔写真があるもの)

▼契約時▼
◎住民票、印鑑証明、所得証明など…
【住民票】は新居に入居される方全員分が必要!!

例えば…
家族4人で入居する場合は全員が記載された住民票1通のみで大丈夫です。
同棲など籍が一緒ではない方が入居の場合は各一部づつ取得いただきます。

【印鑑証明】は連帯保証人を付けた場合に必要!!
契約で連帯保証人を付ける場合は連帯保証人は実印にて捺印。
契約書に捺印した実印の印鑑証明書が必要となります。
※物件によっては契約者も実印、印鑑証明書が必要になることも。

【所得証明】は申込時または契約時に必要!!
申し込み時に申告した所得額を証明するために必要となる場合がございます。
所得証明は源泉徴収票や直近の給与明細3ヶ月分など…

▼その他必要になることがある必要書類▼
ペットを飼育する場合は…
◎ペットの顔写真
◎ペットの予防接種証明書(狂犬病など)
など…

中にはこんな物件も…

◎家族全員の顔写真
◎連帯保証人の住民票
◎連帯保証人の所得証明
など…

法人契約の場合だと…

◎会社概要
◎登記簿謄本
など…

基本的に必要となることが多いものを紹介いたしました。
上記以外の書類が必要な場合もございます。
物件紹介時には詳しく確認することをおすすめいたします。